2011年06月20日

離婚カウンセラーへの道2

昨日、Q&Aでも説明しましたが、離婚カウンセラーになるために特別な資格は必要ありません。
しかし、相談者からお金を頂きアドバイスをする訳ですから、実績や知識は必要になります。

相談者から見たら、離婚カウンセリングを受けることによって生まれる利益が明確でなければお金を払ってまでカウンセリングを受けようなんて思いません。

【相談者が感じる利益とは?】
・離婚に向けた手続き(離婚の方法)
・夫婦関係修復に向けたアドバイス
・離婚の際、生じるリスクの軽減
・慰謝料や養育費の目安
・相手が浮気した場合、浮気相手への対処
・離婚に強い弁護士のコネクション

上記のように、相談者が感じる利益とは、相談者により大きく違います。
離婚カウンセラーを目指すなら、離婚や夫婦問題全般に及ぶ知識を最低限身に付ける必要があるでしょう。
また弁護士さんや行政書士、探偵社など相談者が選ぶ基準の分からない業種へのコネクションは相談者から非常に喜ばれます。

posted by ピロロ at 15:37| Comment(1) | 離婚カウンセラーを目指すには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

離婚カウンセラーへの道1

離婚カウンセラーになるための方法をQ&A方式で簡単に説明します。

Q.離婚カウンセラーって資格が必要なの?
A.私が調べた限りでは、国家資格のような物は無いです。現在の日本で、心理学(臨床心理士)をはじめとする心のケアやアドバイザーなどの職種で国家試験として認められている資格は一つもありません。
臨床心理士は数ある心理学の資格の中で将来国家試験制度の導入が一番可能性があると言われています。従って、離婚カウンセリングの職種も国家試験制度はありません。ただし、NPO日本家族問題相談連盟など幾つかの団体が行っている「NPO離婚カウンセラー」や「離婚アドバイザー」などの認可試験制度を行っている物はあります。
何れも、団体が運営している学校へ入学し、試験に合格すると付与されるものです。

Q.離婚カウンセラーになるためにはどうしたらいですか?
A.上記でも説明の通り、離婚カウンセラーには特別な資格は必要ありません。
極論を言ってしまえば、あなたが今日から離婚カウンセラーと名乗れば、あなたは離婚カウンセラーです。
しかし、ご相談者の方からお金を貰ってアドバイスをする訳ですから、相談する側から見たときお金を払う価値のある知識と経験が必要になるでしょう。
離婚カウンセラーは心理学の知識と法律的な知識が必要になります。
まずは、資格を持っていなくてもアシスタントとして雇ってくれるような離婚相談所を見つけ、働きながら知識を身に付けるのも一つの方法です。
もちろん、独学で学んでも問題ないでしょう。



posted by ピロロ at 16:01| Comment(0) | 離婚カウンセラーを目指すには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚カウンセラーってどんな仕事??

皆さんは、離婚カウンセラーって知ってますか?

私は、数年前に離婚カウンセラーを知りました。
よく勘違いしている方がいますが、離婚カウンセラーは離婚を勧める職業ではありません。

相談者にとって復縁が良いのか、離婚することが良いのか・・・?悩みを聞いてカウンセリングします。そして相談者にとって最良な道をアドバイスするのが離婚カウンセラーなのです。
よく別れさせ屋とか離婚屋などと一緒にされがちですが、まったく違う職種なのです。

離婚に至る場合、相談者にとって重要になる親権や慰謝料問題、離婚の為に必要な手続きの方法などもアドバイスします。

離婚カウンセラーの魅力はやはり相談者の方から問題解決後に言われる「あるがとう」の言葉だと思います。
離婚にしても、夫婦関係修復にしても問題解決までは長く険しい道のりになります。
そうした険しい道を共に悩みながらナビゲートすることが、離婚カウンセラーと言う職種の醍醐味ではないでしょうか?
posted by ピロロ at 13:57| Comment(0) | 離婚カウンセラーとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。